2月
2016

泣ける作品をたくさん借りてきた

特に理由はないですが、「なんだか泣きたい!」と思う時があります。そんな時は泣ける作品をいっぱい借りてきます。この間はちょうどそういった気分だったので、図書館で泣ける本をたくさん借りました。一度読んだことがある本もあれば、初めて読む本もありました。休みの日にまとめて読んだので、その日は一日中ずっと泣きっぱなしでした。おかげで、目が腫れて酷かったです。仕事に行ったら同僚から「なにかあったの?」と心配されましたが、まさか泣ける作品をたくさん読んで目が腫れたなんていえないので、「ちょっとね」と言って誤魔化すしかなかったです。多分、失恋したんだと思ってるんだろうな。
それにしても泣ける作品って何度読んでも泣いちゃいますね。ストーリーが分かっているので、今回は泣かないだろうって思ってもまた泣いてしまいます。というか読む度にだんだん泣くのが早くなってきたかも。「そろそろあの感動シーンだ」と思ったらぽろぽろ涙がこぼれてきます。たまにみなさんも泣きたい時があると思うので、そんな時は図書館に行って泣ける本を借りてきてください。泣いた後は気分がスッキリして気持ちいいですよ!ストレス発散になるので、仕事で嫌なことがあっても忘れることができます。

1月
2016

保険の見直しは大事

小説を読んでいる時、「保険」というキーワードを見て、あることを思い出しました。それは保険の見直しです。ちょうど契約が切れるので、見直そうと思っていたのですが、いつの間にか忘れていました。あの小説を読んでいなかったら、見直しをせずにそのまま継続するところでした。危なかったです。保険の見直しはした方がいいといわれていますが、本当にその通りだと思います。私も今回やってみて、かなり安くなりました。毎月の保険料が大幅に安くなったので、生活に余裕も生まれたし、今まで以上に本にお金を使うことができそうです。1000円でも保険料が毎月安くなれば、年間で12000円の節約になります。5000円安くなれば、60000円も節約できるので馬鹿になりませんよね?
保険の見直しをしてみて、ネット申し込みだと安くなることが分かりました。普通に営業マンに相談して契約するよりもネットで直接申し込んだ方が格段に安いです。理由はネット契約の方がコストがかからないからです。保険会社に無駄なお金がかからないので、その分を保険料に還元できるみたいです。でも、ネット契約だと専門家に相談できないので、不安な人は代理店の人に来てもらった方がいいかもね。

1月
2016

大自然の夜空は美しい

昔の写真を眺めていたら懐かしい写真が出てきました。昔、友達と一緒にキャンプをした時の写真です。その時に撮った夜空の写真がとても綺麗でした。大自然の夜空は本当に綺麗ですよね。街中だと建物などが邪魔して見ることができません。空を見上げると星がたくさん見えるので言葉が出ないです。しばらく、あんな光景を見ていないです。そういえば、大自然で読む小説も楽しかったです。空気が美味しかったし、いつもよりも気持ち良く読書ができました。なかなか時間がないので、みんなでキャンプに行くこともなくなりましたが、もう一度やってみたいです。一緒にご飯を作ったり、お酒を飲んだり、歌ったり、色々みんなとやりたいなって思っています。
ただ、前回のキャンプはいいことだけではなく、嫌なこともありました。何かというと私のせいで目的地に着くのが3時間以上遅れてしまったのです。あの頃は今以上に仕事が忙しくて、毎日帰りが遅かったです。だから、寝坊してしまってみんなを待たせてしまいました。気づいたらお昼だったのでビックリした記憶があります。もし、今度キャンプをやるとしたら、寝坊だけはしないように気をつけます。あの時のみんなの視線は怖かったです。

12月
2015

ひつじを数えると寝れるって本当なの?

眠れない時に頭の中で「羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹」と数えたらだんだん眠くなるといわれていますよね?私も寝れない時に何度か試したことがあります。みなさんもやったことがあるのではないでしょうか。人によって眠れたかもしれませんが、寝れなかった人の方が多いと思います。実はこの方法、日本人には不向きのようです。「そもそもどうして羊なの?」と疑問に感じていた人もいるでしょう。羊は英語でsheepと書き、眠るという意味で使用されるsleepと音感が近いです。頭の中で何度も羊を数えていると発音が曖昧になって、sleepになります。そのうち、sleepを繰り返すようになって、羊から眠るという意味に変わっていきます。その結果、自己催眠状態になり、眠くなるというわけです。
だから、日本語で「羊が一匹、羊が二匹、羊が三匹」と言っていても何も意味がないです。言葉が違うので100匹や200匹まで数えても眠くならないのは当たり前です。そして、日本人にとって羊は決して馴染みのある動物ではありません。羊の姿をイメージしようと思ってもなかなかできないはずです。そのため、逆に脳が活性化する可能性があります。このことを知ってから羊を数えるのはやめて、眠れない時は眠くなるまで本を読むようになりました。

12月
2015

最近できたシミが気になる

頬のところに小さなシミがポツンとできました。目立たないのでそんなに気にする必要はないのですが、どうしても気になってしまいます。大好きな小説を読んでいてもシミが気になってしまって集中できませんし、鏡を見るのがちょっと嫌になりました。かといってシミが消える高級化粧品を買うほどではありません。シミ消しの美白化粧品となるとかなり高いです。ネットで評判のいい商品を見てみたら1万円以上しました。1万円もあったら欲しい本が何冊も買えてしまいます。そう考えるとちょっと買うのを躊躇してしまいます。だから、食事や食生活でシミが消せないか試しています。
シミにいいといわれているビタミンCを含む食べ物をいっぱい食べたり、これまでよりも睡眠時間を増やしたりしています。睡眠は相当重要みたいで、寝る時間が短いとシミが濃くなったり、増えたりするみたいです。だから、今は夜の12時までにはなるべく寝るようにしています。夜の10時から朝の2時までの間に寝れば、肌が綺麗になるとネットに書いていたので実践中です。今のところ、シミは薄くなっていませんが肌の調子は前よりも良くなりました。吹き出物もできなくなったし、肌にうるおいが出てきたような気もします。

11月
2015

小説が役に立ったこと

小説が意外ところで役に立つことがあります。例えば、ワインの選び方です。ある作品にワインが登場して、自分に合ったものをどうやって選べばいいのか書いていました。今までは適当に選んでいましたが、それからは作品に書いていたことを参考にして選ぶようになりました。おかげで、その時の状況に合わせて選べるようになったのであの本には感謝しています。あとは人が嘘をついている時のしぐさです。推理小説とかでよく登場しますが、これもたまに役に立つことがあります。なんとなく信用できなそうな人っているじゃないですか?そういった時に本当のことを言っているのかどうかを小説を参考にして判断することがあります。もちろん、素人なので100%当たるわけではないですが参考になります。
まだ、役に立ったことはないですし、そんな場面は来て欲しくないですが、サバイバル系の小説を読んでいれば、何かあった場合に相当役立ちそうな気がします。無人島に漂流した時とか山で遭難したとか、絶対にそんな過酷な状況に遭いたくないですが、そういった時のために読んでおくのもいいかもね。ただ、読んでおいたところで、命の危機と直面した時に思い出せるのかが問題ですよね。私はあんまり自信ないかも。

11月
2015

お祭りで買った指輪

「物の価値は値段ではない」という言葉がありますが、その通りだと思います。ブランド物のアクセサリーをいくつか持っていますが、一番大事なのはお祭りに行った時に500円で買ったイヤリングです。どんなブランド物よりもこっちの方が私にとって価値があります。学生の頃のお話なので、かなり前です。当時付き合っていた彼氏とお祭りに行って、その時にイヤリングを買ってもらいました。学生ということもあって、お互いお金がなかったので、お祭りの安いイヤリングでもすごく嬉しかったです。しかも、500円の割にかなり立派なんですよ。その彼氏とはしばらくして別れましたが、買ってもらったイヤリングは今でもいい思い出として持っています。
今、考えるとけっこういい男性だったと思います。別れたのがちょっと惜しいです。私と同じく小説が好きな男性で、話題に事欠きませんでした。よく小説の貸し借りをした記憶があります。別れた原因は遠距離になったからです。喧嘩別れではないので、たまに同窓会で会っても普通に会話をします。相手はもう結婚して子供もいて幸せな家庭を持っているようです。うらやましいという気持ちよりも、幸せになれて良かったね!という気持ちの方が強いです。

10月
2015

SF小説を読んで思うこと

たまにSF小説を読むことがありますが、その時にいつも同じことを考えます。それは宇宙人がいるかどうかです。いるような気もするけどいたらちょっと怖いですよね。実際に出会ったらビビッて動けなくなりそう。幽霊と同じくらい怖いかも。でも、宇宙は広いのでいてもおかしくはないですよね。地球にしか生命がいないなんて方がおかしいと言う人もいるし。実際にいるかどうかは別として、いると思っていた方がロマンがあっていいと思います。幽霊も同じように考えています。いないよりもいた方が面白いような気がするので。科学が進めば幽霊が本当にいるかどうか、宇宙人がいるかどうかもいつか分かると思います。でも、実在するかどうか分からない方がこういった話題で楽しめるので、解明されてしまうと楽しみが減っちゃうような気がします。
仮に科学で全てが解明されてしまった場合、ホラー小説やSF小説はいったいどうなるのでしょうか?案外消えてしまうかもしれませんよね。まぁ、そんな心配をしていてもしばらく解明されることはないと思いますが。少なくとも私が生きているうちは解明されることはないはずです。このまま謎であった方がホラー小説好きやSF小説好きにとってはいいかもね。

10月
2015

ふるさと納税が気になる

会社の先輩がふるさと納税をはじめました。ふるさと納税ってみなさんは知っていますか?簡単にいうと地域に寄付をすることです。寄付する地域はどこでも構いません。自由に選べます。別に自分の故郷である必要もないです。寄付をするメリットはものをもらえることです。その地域の特産品などがもらえます。もらえるものは地域によって違って、お酒やお肉、お米、魚介類など色々です。欲しいもので地域を選ぶのもいいかもしれませんね。そして、もうひとつのメリットが節税に繋がることです。税金が控除されるので、節税対策をしたい人にもおすすめです。他にも税金の使い道を指定できたり、複数の地域に寄付できるのも特徴です。
全て先輩から聞いた話ですが、話を聞くと私もやりたくなりました。ただ、どこに納税しようかで迷ってます。特産品で探してみると本当に種類が色々あるので、なかなか決めることができません。お肉も食べたいし、魚も食べたい。米がもらえたらありがたいし、果物やスイーツも嬉しいです。ごろんと寝ながら本を読めるソファーも捨てがたい。お酒も欲しいし、宿泊券や温泉利用券ももらえたら嬉しいし。欲しいものがたくさんあるので、じっくりと選んでから決めようと思います。

9月
2015

座椅子が買おうかな

友達の家に行ったら素敵な座椅子がありました。座り心地が最高で、読書をするのにピッタリ!あれなら長時間座って本を読んでいてもお尻や腰が痛くならないはずです。私の部屋にも1つくらい欲しいと思ったので、先日インテリアショップに行ってきました。一通りチェックしてみると良さそうな商品がいくつかありました。ただ、私がいいと思った商品は価格が高かったです。友達の家にあったものよりは安いですが、買おうかどうしようか迷う価格でした。そのため、買わずに帰宅して、今ものすごく悩んでいます。
あったら絶対に便利だと思いますが、「果たして絶対に買わないといけないのか?」という疑問もあります。今までなくても普通に読書ができていたので、お金を出してまで必要なのと思ってしまう自分もいます。それなら本当に使うかどうか判断するために一番安い商品を買ってみるのもいいかもって思うようになりました。それなら使わなかったとしてもリスクが少ないですよね。どっちにしてももう一回だけちゃんと商品をチェックしたいので、近いうちお店に行ってみようと思います。運良く値下がりしていれば嬉しいのですが、そんな都合よくいきませんよね。あと3000円くらい安かったら、欲しいやつを買ってもいいと思えますが、あんまり過度な期待をせずに行ってみます。

最大のときめきって何?それは人それぞれかもしれないけど、わたしは好きな人から名前を呼ばれるときじゃないかと思います。夢小説はそんな願いを手軽に叶えてくれる素敵な小説……。